わきが臭を緩和する方法

わきがで悩んでいる方は、世の中には数多くいると思います。
女性なら特に、自分がわきがであることを他人に知られたくない思いから誰にも相談できず一人で悩み苦しんでいることの方が多いと思います。

わきがの原因は脇の下に潜むアポクリン汗腺が原因ですが、遺伝によるものである為残念ながらわきがになってしまったことは運命であると諦めるしかありません。

では、わきがとどう付き合っていくかですが、悩みが深刻であれば確実に臭いの元となるアポクリン汗腺を消滅させる手術をすることが最善の方法だと思います。

手術といっても、気軽にできるボトックス注射から全切開法まで様々ですが、いずれにしても費用がかかること手術をすることで体へのダメージはあります。

また中途半端に手術をして再発などの恐れを心配するようでしたら手術をせず、少しでもわきがの臭いを緩和する方法しかありません。

緩和方法としては、脇の下を常に清潔にすることです。
脇の下は季節に関係なく、多かれ少なかれ汗をかく部分です。

ですので雑菌も常に繁殖しがち。この雑菌が増殖することで、わきが臭を更に強くしてしまいます。

毎日お風呂に入ることは勿論、特に汗をかく夏場であれば、さっとひと拭きできるような汗拭きシートを常備していると良いです。ずっと汗をかきっぱなしにしている状態よりも、定期的に汗を拭きとることで雑菌の繁殖を少しでも減らすことができるのです。

また、脱毛という選択方法もあります。
雑菌は脇の毛があることでそこへ付着、増殖し、さらなる悪臭へと導きます。女性でしたら脇の下の毛の処理はしてる方がほとんどだとは思いますが、処理し忘れたり、処理しても処理しきれずに残っている毛があるだけで随分違います。

永久脱毛をすれば、毎日の面倒な処理からも解放され一石二鳥です。ただし、完全にわきがの臭いがしなくなるということではありません。あくまでも臭いを緩和するということです。

食べ物でも臭いは緩和されます。脂っこいものやジャンクフード、肉食が多い生活をしていると悪臭の原因になります。基本的には高カロリーなものは危険だと思った方が良いです。

スナック菓子やアルコールの摂取し過ぎにも注意をし野菜を多く取り入れた健康食、豆類や海藻類、魚中心の生活を心がけることで、臭いが緩和されていくことがあります。

衣類にも気をつけましょう。脇の下にぴったりする衣類だと汗が常にそこへとどまり、衣類についた汗から雑菌が繁殖してしまいます。なるべく脇に密着しない風通しのよいもの、脇の下を高温多湿という環境にしないことが大切なのです。

制汗剤やスプレーなども、マメにすることで臭いを抑えることは大切です。最近では、わきが専用クリームなど販売されており、下手に制汗剤を使うよりも効果的だと口コミで広がっています。わきが専用に製造されているので、かなりおすすめ。ワキガに悩んでいる方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。わきが対策クリームおすすめランキング決定版

ワキガは一長一短では、なかなか改善されませんが、日々の汗ケア、食事、スキンケアなどを怠らなければ手術する程気にならなくなるでしょう。今までワキガ対策を何もしていなかったならば、ぜひ記事でご紹介した方法を試して下さい。

顔から出る汗を止めた体験談

顔汗で困っている人は意外と多いと思いますが実際に顔汗をどうにかしたという方は少ないと思います。それはどうしてかというと、多くの方は顔汗を止める良い方法を知らないからです。

では、どういう方法がおすすめかというと、それは顔汗を止める手術を受ける事です。そうすれば、多くの方は顔汗を止める事ができると思います。

でも、中には手術をしてまで顔汗を止めようと思わない人もいるかと思います。
それはある意味普通の事で顔汗を止めるために手術を受けないといけない事ばかりではないからです。それはどういう事かというと顔汗がたくさん出ても困らない事があるからです。

では、どういう場合に顔汗をかいて困る事があるのかというと、それは額に大量の汗をかいた場合です。
この場合は大抵前髪を額に下している人が大量に汗をかくと困った事になります。なぜなら、額に大量の汗をかくと髪が汗で濡れてしまって髪に全くボリュームがなくなってしまうからです。

しかも、その大量の額の汗をかく理由が冬場に少し熱い物を食べたというだけの理由なら絶対に顔汗を止める工夫をした方が良いです。

そのためにやった方が良いのが顔汗を止める手術を受ける事です。それで多くの方はきっと思ったように顔汗を止める事ができて良かったと感じると思います。

少なくとも私はそうやってこれまでに手術を受けて顔汗を止める事ができたので、みなさんも顔汗を止めたいと思った時は手術を受ける事をおすすめします。それで確実に顔汗を止める事が可能になるので、みなさんも顔汗で困っていると感じているなら勇気を出して手術を受ける事をおすすめします。

では、どうして手術を受けると顔汗を止める事に役に立つのか汗腺を消すには手術を受けるのが一番良いからです。はっきり言ってそれ以外の方法で汗腺をどうにしようと思ってもどうにもならないです。

ですが、手術を受ければ確実に汗腺をどうにかできます。それで顔汗をなんとかできるのでぜひ手術を受ける事をおすすめでします。

特に私みたいに額の汗で困っているなら絶対に手術を受けた方が良いです。なぜなら、額の汗は他の顔の部位の汗とは違って汗をかいた後のデメリットが大きいからです。

特に汗をかいた後に汗を拭く時に前髪があった時には確実に前髪が乱れるのでそうならないようにするためにも顔汗を止めるための手術を受けた方が良いです。

少なくとも私はこの手術を受けて本当に良かったと思っています。
しかし、手術は恐いと感じることは当たり前ですし、料金も高いこともデメリットとしてあります。

手術以外で顔汗を抑えたいならおすすめのスキンケアがあります。こちらを参考して下さい。顔汗を止める方法は簡単でした | 顔汗対策なび

顔汗を簡単に抑えるスキンケアとして今人気の商品です。私と同様に顔汗で悩んでいる女性に薦めたところ、夏場でも化粧崩れとか気にならなくなったと喜んでおりました。

より簡単に汗の対策したい方はおすすめですね。

私の脇の臭い対策体験

私は以前テニスをしていたのですが、その頃から脇の臭いが気になっていました。それまでは特に気になったことはなかったのですが、テニスを始めてから汗を大量にかくようになり、それから脇の臭いに悩むようになったのです。

運動をしていなくても夏場は特に脇が汗臭く、女性としては隠すのに必死でした。朝出かける前に、しっかりとスプレータイプの制汗剤を吹きかけていました。それでも行き先に着く頃には脇の臭いが気になっていました。

私の場合は、制汗剤のみでは臭いは取れませんでした。そこで何か良いものはないかと考えたところ、姉がお菓子作りで使っていたハッカ油があったことに気がつきました。

姉はミント系の味をつける場合に使っていたようですが、私はそのスーッとした香りが好きだったので、脇にも使えないかと思ったのです。

天然成分でしたし、薄めて肌につけると蚊を寄せ付けない効果もあるようなので、刺激がない程度まで薄めてから脇に使ってみることにしました。

お風呂上りに、早速薄めたハッカ油を脇に塗ってみました。ほのかに香るハッカの香りがとても心地よかったです。これを塗るときは、よく薄めたことと、脇毛を抜いた後は使用しませんでした。

私は肌が強いほうだったので、特にこれで肌トラブルにはなりませんでした。
私にはこの方法が制汗剤よりも効果的で、気がつくと脇の臭いが気にならなくなっていました。本当に少ししか使用していなかったので、効果があって驚きましたが、私には合っていたようです。

それと、脇の臭いが気になってから、お肉を食べる回数を減らしました。
私は無類のお肉好きでした。テニスを始めたきっかけも、お肉ばかり食べていたので太ってきて、ダイエット目的でした。

自分でも何となく気がついていましたが、お肉ばかり食べていたら汗の臭いもキツクなっていました。脇の臭いと関係があるかもしれないと思い、その頃からお肉と魚を交互に夕飯で食べるようにしたのです。

毎日魚となるとやはり長続きはしないので、大好きなお肉を一日おきに食べることで満足しながら、続けてこれました。魚料理も食べてみると美味しくて私は好きだと気づきました。

そんな食生活に変えてから2ヶ月ほどで、身体や汗の臭いは以前よりも気にならなくなったのです。やはり、お肉ばかりではなくバランスの良い食事に変えたことも、脇の臭い対策に効果的であったと思いますし、健康な身体にもなれて一石二鳥でした。

自分の身体に合った方法を探して、これからも臭いと戦って素敵な女性になりたいです。

加齢臭と脇のニオイについて

40代の女性です。よく、中年男性の加齢臭については色々と問題に取り上げられるのですが、私は女性も無関係ではないと思っています。
もちろん男性に比べて程度の差はありますが、女性でも加齢による体臭の強まりを感じる方は多いと思うのです。

私自身、「脇のにおい」から年齢を感じてしまった経験があり、女性でも油断せずに気を付けるべきポイントだと感じているのです。個人の体験談なので、もちろん他の方に全部あてはまるわけではありませんが、一例としてご紹介します。

私は長年スポーツを楽しんでおり、定期的にけっこうな量の汗をかき続けてきました。ですが運動後はすぐにシャワーを浴びてしまいますし、あとになってから「汗臭い」という風に感じた経験はほとんどありませんでした。

ですがある時、30代も半ばに入った頃のことです。
冬場、市民体育館にていつもの運動を行い、自転車で汗をかきつつ帰宅しました。そうしていつも通りに自宅でシャワーを浴びたのですが、その直後に「あれっ?」と思うような悪臭をわずかに感じたのです。

臭いの元は、なんと自分の両わきでした。きちんと洗ったはずなのに、嫌な臭い、何かが発酵したようなすえたような感じの臭いがしみついているのです。

思わず、それまでに着ていた服の臭いを確かめると、ここにもむっとする発酵臭がしみついてしまっていました。まさに、強烈な汗臭さです。

もう一度シャワーを浴びて気持ちを静めながら、「やはり年齢によって汗の質も違ってきたのかもしれない」と感じました。

それ以降、自分の脇の臭いに気を付けるようになったのです。
元々肌が弱く敏感なので、制汗剤を使用することはためらわれました。

ネットで調べて「脇の下の皮膚が乾燥して、汗をかく時の悪臭につながることがある」と知ったので、カラカラに乾燥させるよりはむしろ、保湿したほうが良いのかなと思ったのです。

しばらく観察してわかったことですが、私の加齢・脇臭はどうも、自己脱毛をした直後にひどく強くなる傾向があるようでした。
つまり、自己脱毛によって肌が多少傷み、そのせいで臭いが強くなるのではないかと思ったのです。

試しに、使用していた剃刀を別の製品に変えたり、またつけていたクリームを保湿ジェルにした所、処理自体が楽になって臭いも抑えられたようです。
今まで惰性的に続けた脇のムダ毛の自己処理のあり方を、見直すきっかけとなりました。

それだけではなく、スポーツ前後でまめに肌着・下着を取りかえるなどの地道な工夫も続けています。
一緒に汗を流す人たちの迷惑にならないよう、「加齢臭だから」と諦めたりは決してせずに、ひたすら改善を目指して行こうと思っています。

実体験から分かった脇汗と臭いを抑える方法

これから夏にかけて、脇の臭いが気になる人も多いですよね?私もその一人です。しかし以前に比べ、それほど気にならなくなりました。
それで実体験から分かった脇汗と臭いを抑える方法をみなさんにシェアしていきたいと思います。

まず最初に私が思いついたアイデアは、わき毛を処理することです。
私のイメージでは臭いの原因はわき毛にあると思っていました。

しかしこのアイデアは上手くいきませんでした。わき毛がなくなったことで、汗が吸収されなくなりました。結果として服に汗がべったり付くようになってしまいました。かえって以前よりもワキガに悩まされるようになったからです。そのため次のアイデアを試しました。

次に行ったのは、制汗剤や消臭剤を使用することです。
最初は夏場に涼しそうなので、スプレータイプの製品を使いました。この結果にはだいたい満足しました。かなり汗を抑えることができ、良い匂いも醸し出せたからです。

しかし、スプレータイプは職場に持っていきにくいですよね?着替えをするような職場なら良いのですが、私の職場のように着替えが必要のない職場であるなら、使いづらいのです。しかし、気軽に職場や学校の更衣室で使うことができる人には、このスプレータイプの制汗剤はお勧めです。

次に私が行ったワキガ対策は、ボディシートを使うことです。
これはフェイスシートよりも大きめのシートです。そのため、もし汗を大量にかいたとしても全身を拭くことができます。

しかも持ち運びに非常に便利です。そして一日何回でも使うことができます。
トイレに行った時などにさっと使うことができます。

そのため私は特に夏場は、どこに行くにしてもこのボデイシートを持ち運び、自分の脇の匂いを良いものにするよう努力しています。

また普段の対策として、一日に朝と夜の2回、シャワーを浴びています。
下手をすると一日3回は体を洗っています。そうすることで、いやな脇の臭いを元から立つよう努力しています。その結果、嫌な臭いではなく、ほのかに良い匂いでいることさえできるようになったのです。

このように私がこれまで、自分のわきがの臭いが嫌でした。
しかしきちんとした対策を取ったので、わきがの臭いをある程度抑えることに成功したのです。

今では、自分のわきの臭いは気にならなくなりました。嫌なワキガを抑えるには、日々の細かなケアと周りへの気遣いが必要だと思います。

ぜひみなさんも、わたしの経験を参考にしてみて下さいね。