実体験から分かった脇汗と臭いを抑える方法

これから夏にかけて、脇の臭いが気になる人も多いですよね?私もその一人です。しかし以前に比べ、それほど気にならなくなりました。
それで実体験から分かった脇汗と臭いを抑える方法をみなさんにシェアしていきたいと思います。

まず最初に私が思いついたアイデアは、わき毛を処理することです。
私のイメージでは臭いの原因はわき毛にあると思っていました。

しかしこのアイデアは上手くいきませんでした。わき毛がなくなったことで、汗が吸収されなくなりました。結果として服に汗がべったり付くようになってしまいました。かえって以前よりもワキガに悩まされるようになったからです。そのため次のアイデアを試しました。

次に行ったのは、制汗剤や消臭剤を使用することです。
最初は夏場に涼しそうなので、スプレータイプの製品を使いました。この結果にはだいたい満足しました。かなり汗を抑えることができ、良い匂いも醸し出せたからです。

しかし、スプレータイプは職場に持っていきにくいですよね?着替えをするような職場なら良いのですが、私の職場のように着替えが必要のない職場であるなら、使いづらいのです。しかし、気軽に職場や学校の更衣室で使うことができる人には、このスプレータイプの制汗剤はお勧めです。

次に私が行ったワキガ対策は、ボディシートを使うことです。
これはフェイスシートよりも大きめのシートです。そのため、もし汗を大量にかいたとしても全身を拭くことができます。

しかも持ち運びに非常に便利です。そして一日何回でも使うことができます。
トイレに行った時などにさっと使うことができます。

そのため私は特に夏場は、どこに行くにしてもこのボデイシートを持ち運び、自分の脇の匂いを良いものにするよう努力しています。

また普段の対策として、一日に朝と夜の2回、シャワーを浴びています。
下手をすると一日3回は体を洗っています。そうすることで、いやな脇の臭いを元から立つよう努力しています。その結果、嫌な臭いではなく、ほのかに良い匂いでいることさえできるようになったのです。

このように私がこれまで、自分のわきがの臭いが嫌でした。
しかしきちんとした対策を取ったので、わきがの臭いをある程度抑えることに成功したのです。

今では、自分のわきの臭いは気にならなくなりました。嫌なワキガを抑えるには、日々の細かなケアと周りへの気遣いが必要だと思います。

ぜひみなさんも、わたしの経験を参考にしてみて下さいね。